男の子が乱暴な時の育て方!変化を起こさせた「誉め事例」

公開日: 子育ての知識

file3611342304441

男の子の乱暴な行動にヒヤヒヤする毎日

こんにちは。専業主夫のおせっかいパパです。

ママさんにとって男の子の乱暴な行動って、予想がまったくできないことが多いですよね。
うちも3歳まじかになる息子を保育園に送っていき、夕方にお迎えしたら腕に噛まれた傷が!

先生に聞いてみると「お友達と布団の場所でケンカになって止めれませんでした・・・。」
といったことから、おもちゃの取り合いで突き飛ばされたりなど。
数え上げたらきりがありません。

自分の子供が傷を負うのも痛々しいですが、よその子をおもちゃでぶったりしないだろうか?
先生に乱暴に飛び掛かったりしないだろうか?
食べ物をばら撒いたりして迷惑をかけりしないだろうか?
考え始めたら胃が痛くなりそうな事ばかり。
しかも、ありえそうなのがまた怖い。

今日は激しいほどの乱暴ぶりの限りを尽くしている3歳まじかの息子を段々と更生?させていった記録をご紹介したいと思います。
躾のキーワードは「乱暴して痛い思いをさせた!と気づいたことを誉める」ことです。
うちは「気づきを誉めた」ことで、少しずつ息子の行動が変わっていっています。
とても喜ばしいことです。

  • どうしても息子がいうことを聞いてくれないからつい手が・・・
  • 乱暴ばっかりするから、大声で叱ってしまう
  • なんど言い聞かせても、まったく意に反さない息子がいる
  • 友達と意地っぱりのケンカばっかりして、怪我させる

こんなことで困っていらっしゃるのであれば、うちがやった方法で改善するかもしれませんよ!
参考にされてください!

男はDNAレベルで基本的に野蛮

ママさん、最初から身も蓋もないことで申し訳ないことを言わせて下さい。
基本的に男は粗暴」です。
かつ「乱暴」。

私も男性だから特に良くわかるのですが、年齢が低いころは、沢山の場面で乱暴をしているし、なにより活発に動いていることが楽しい。
しかも、その乱暴ブリを見てもらいたい。
特にママに。
とても野蛮で自由な生き物だと思いますよ。ほんと。

ですが、1点間違えてはいけないことがあると私は思っています。
それは「男の子も乱暴をしたい(暴力を振るいたい)」という訳ではないです。
傍若無人に暴れ周り、他のお友達に危害を加えて楽しんでいる!
そんなことはありえません。
乱暴をして人を傷つけて、それを楽しんでいるような子供はまずいないでしょう。

あえていうなら、「行動が荒い(動きが激しい)」という表現が近いかな。
もちろん、あなたのお子さんもそうだと信じています。

けれども女性からしてみれば、その激しさから、理解できない行動として目に映るでしょうね。
だからこそ困り果てるママが多いのだと思います。
おまけに男の子って下手に腕力がどんどんついてきて、3歳なのに3kgもある段ボールとか、顔真っ赤にして持ち上げたりしますからね。
タチが悪いったらありゃしない。

ママをいじめるやつは許さないぞ!

乱暴で粗暴。
そんな男の子だとしても意外と心はナイーブ
ちょっと叱られただけでプライドは傷つき、八つ当たりや大泣きをします。

逆に誉めたときのニヤケ具合はどうでしょうか?
特にママに「すごい!!」って言われたときの「ドヤ顔」。
夢に出てきたら吹き出しそうですよね。

そうなんです。
誉め方にすべてのコツがあるといっていいと思います。
実際うちはそれで素行が段々とよくなってきています。

小さい頃は特に、友達にもママにも同じように乱暴なことを繰り返します。
それで相手が「痛い思いをしていても」です。

ところがちょっとシチュエーションが変わって、男の子の友達が自分のママに乱暴をしたときどういう行動にでると思いますか?
これ、すぐ思い浮かびますよね?
そう、「ママをいじめないで!」って果敢に、勇敢にママを守ろうとします。
小さい戦士になっちゃうんですよね~。

面白いと思いませんか?
自分がママに乱暴していることと同じことを友達がすると、怒るんですから。
うちがやっているのはこの行動を使った方法です。

子供の気付きを誉めて素行を変えよう!

息子が時折ママに乱暴をするタイミングを見計らって、パパも一緒になってママをいじめるふりをしました。
ママが息子に助けを求めると、息子は「小さい戦士」になります。
そして、重要なポイント。
ママが息子へこう言います。

〇〇くんが最初に蹴ったところ、とっても痛い・・・。

息子はびっくりしていましたよ。
助けているつもりが痛がられている?ってね。(笑)

なんでこんな回りくどい演技じみたことをやっているかというと、子供も3歳辺りから言葉で丁寧に説明すると頭で理解しはじめます。
だからといって1度や2度で完璧には無理ですよ?
見ている風だと、頭半分、体半分の理解みたいな印象です。

数回やっていると「ハッ!」となるときが必ずきます。
「あれ?僕もママのこといじわるしてた?」みたいな感じですに。
その「ハッ!」とした瞬間に「自分で気づいたんだ!」と感じるのが大事なんだと思います。

子供はとても純粋でどんな子でも同じように愛を持っているから、どの子でも似たような行動はすると思いますね。
そうして、謝ったら誉めるのですが、謝れたことじゃなくて「痛い思いをさせたことに気付いた」そのことに対して誉めます。
謝れたことに誉めるのもいいですが、「痛い思いをさせちゃった!」と気付きを誉めて、素行を変化させる方向に導いてあげています。

これが意外にはまっている。
人に乱暴する=ママに乱暴する。
こんな感覚もってるんじゃないかな。
そう思えるほど忍耐強くなってきているように思えます。

これは、乱暴した行動をして失敗したあとの部分から躾けるのではなく、乱暴自体をしない気持ちだったり考えだったりを育んでもらおうとして起こった結果です。

 

greyer and sawyer 071

女の子と男の子の素行の差が違いすぎる例

うちには5歳の娘と3歳まじかの息子がいますが、びっくりするくらい行動の激しさが違います。
娘は女の子っぽく乱暴なことを好んでやりません。
性格的には活発な方ですが、3歳になるまで友達とケンカもした報告も先生から聞いていません。

絵を描くのが大好きなので、元気に絵を描いている毎日でした。
3歳になった辺りで少し自我が芽生えてきて、友達の女の子と言い争いを1度か2度した程度です。
親としては「なんて楽なんだ子育てって!」とタカをくくった記憶があります(笑)

反対に息子といったらひどいものです。
何かと気に食わないことがあれば「キック!
思い通りに行かないと、おもちゃ箱からプラスチックの道具をもってきて叩いてきますし、家のカーテンにぶら下がって引きずり落とし、壊す始末。
高かったのに!!!

保育園でも走り回って顔面打ち付け、2針縫ちゃうし。
消えない傷をすでに額に作ってしまいましたよ。
まぁ男の子でまだよかったですが。

イタズラしても乱暴しても、最後には泣きますが、これがまた激しいほどの大声。
イライラもMAXになるしどうやっても手の施しようがない毎日でした。

こんな感じで1姫2太郎の安泰な家庭って嘘でしょ!(笑)
なんて思ってしまう日々。
男女でまったく別の生き物のように行動が違います。

それが段々と変わってきているのですから、驚きを隠せません。
保育園で噛まれることはあっても、やり返しとして噛むことは無くなったと先生もおっしゃっていますので。
噛まれることもまだ問題ですが、人の痛みをほんの少しずつ理解してきたのかと思うと、とても嬉しく思います。

カリフォルニア州のスタンフォード大学での心理実験から閃いた方法

実はこの子育て方法はある実験結果をもとに、ひらめいてやってみた結果でした。

アメリカ合衆国に「スタンフォード大学」という有名な私立大学があります。
ご存じの方も多いのでは?
この大学で長年心理学の研究をしているキャロル・S・ドゥエック教授の実験です。

思春期初期の子どもたち数百人に、知能検査のかなり難しい問題を10問やらせ、褒め言葉をかける。
そして、誉め方を分けた二つのグループを作る

  • グループA 8問正解ね。OK。頭がいいね。
  • グループB 8問正解ね。良くできたね。頑張ったね。

その後、続けて同じ問題を解くか?
それとも新しい問題を解くか?
これを問います。

すると

  • グループA 同じ問題を解く(能力を誉める)
  • グループB 新しい問題を解く(努力を誉める)

と明確に分かれ、グループBはチャレンジ欲が旺盛になるようです。

この実験を知って思ったことは、「努力や気付き、変化できたこと」こういう事を誉めるって、すごいんだな~。
子供も誉め方次第で伸び方って変わるんじゃないかな~?
っていうことです。

だって親だって明日から違った育て方をしてください!
な~んて言われてもすぐには無理ですよね?
だから、違った誉め方を1つだけしてみよう。
それで変化が起きたらラッキー!
くらいに思っていました。

そんな思いで、謝れたことを誉めても変化がなかった息子に違ったアプローチをしてみたのです。
これが今回の背景になります。

態度で示すということの意味

乱暴なことを少しずつしなくなってきてからは、パパの違った面での教育をしています。
女の子をまた叩いたりしたら「カッコ悪いぞ!」「男らしくないぞ!」「みっともないぞ!」
こんな感じの事を言ってみています。
ですが、息子は「ポカーン」です。

そりゃそうですよね。
カッコ悪い、男らしくない、みっともない。
私は言葉の小さい意味を伝えたいのではなく、やっている乱暴な事が良くない。
それを態度で叱ったら「カッコ悪い!」という言葉が出ただけのことです。
言葉自体にあまり意味はありません。

ですが、息子もそんな父の空気感というものを「ビビッ」と察知してか、家でも段々と無茶なことはしないようになってきています。
もちろん家の中では走りまわっていますが(笑)

目は口ほどにものを言う。
ではありませんが、態度も十分子供にとっては効果があるので、ママさんも「パパの威厳」を同時に使ってみてくださいね。

OLD HEART 5

絶対子供を信じる!という大切な気持ち

うちでやっているのは、1つの事例になると思います。
というのも、保育園で先生達が同じことをやっても本気の本気で、息子は怒ってくれないと思います。
やはり親だからこそできる子育て方法。

夫婦共々ずっと言っていたのは、二人の息子だからきっと分かってくれるよ!
きっと優しさを理解しれくれるよ!

息子は粗暴で乱暴。
だけども、大切な自分の子供
そうやって自己暗示じゃないけど、信じてあげる事ってなによりも大事なんじゃないかと思っています。
徹底的に信じちゃってみてください。

さいごに大事なことを振り返り

男の子は基本的に粗暴です。
その割に、ママに誉められるのが、嬉しくて嬉しくて仕方ない生き物。
だからママに乱暴するときを狙って、「自分がママに痛い思いをさせた」と気付かせる場面を作ってあげます。
そして、痛い思いをさせていたことに「気付いた」ことを誉めてあげましょう。
褒めちぎりましょう。

この方法で、「おせっかいパパ」のうちは息子が段々と乱暴しなくなってきました。

息子さんも「気付けて凄いね~!気付いてくれてありがとう~!」ってママから言われたらメロメロですよ。きっと。

関連記事

迷子紐(子供用ハーネス)は必要!賛成反対分かれる意見

最近ちまたで話題になっている「迷子紐」について思うこと こんにちは。「おせっかパパ」です。

記事を読む

子育ての悩み!男の子の理解できない行動はパパに頼ろう

小さい頃から男の子は親を困らせることばかりする こんにちは。専業主夫の「おせっかいパパ」です。

記事を読む

小学生が家で勉強するネット学習塾8つを徹底調査!

今後の現代社会ではインターネット学習塾がトレンドになっていく こんにちは。おせっかいパパです。

記事を読む

保育園でアタマジラミが流行!14日で終わる駆除方法2つ

知っていれば安心!予備知識と対策をまるごと解説! こんにちは!「おせっかいパパ」です。

記事を読む

子供の栄養バランス問題!サプリを選ぶ時に考えるべき事

とても重要なことですが、キッズサプリなしでも栄養素は十分足りています。 こんにちは。おせっかい

記事を読む

保育園見学のポイント!私達がチェックした簡単な10のこと

絶対失敗したくない保育園選び!そのコツとは? こんにちは。主夫の「おせっかいパパ」です。

記事を読む

子供の習い事ランキング!費用と理由のまるごと調査

子供に習い事をさたいけど何を目安に選べばいいの? こんにちは。おせっかいパパです。 冗談

記事を読む

仕事と子育ての両立に不安!乗り切る秘訣は「旦那の成長」

見えない未来は不安がいっぱい 「おせっかいパパ」です。こんにちは。 出産が無事終わり、育児も

記事を読む

中学生のネット学習塾ならスタディサプリがオススメ!一覧で比較

今や2人に1人はインターネット塾を使っている時代 こんにちは。おせっかいパパです。 現在

記事を読む

MERS(マーズウィルス)から子供を守る!親が知るべき対策

家族を病気から守るのもパパの役目 最近ニュースを賑わしているMERS(マーズ)。 お隣の韓国

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

家事をしない夫と離婚!実際離婚した妹の実話と法的な話

家庭を持ったのに家のことを旦那がやらない! こんにちは。おせっか

中学生のネット学習塾ならスタディサプリがオススメ!一覧で比較

今や2人に1人はインターネット塾を使っている時代 こんにちは。お

小学生が家で勉強するネット学習塾8つを徹底調査!

今後の現代社会ではインターネット学習塾がトレンドになっていく こ

子供の習い事ランキング!費用と理由のまるごと調査

子供に習い事をさたいけど何を目安に選べばいいの? こんにちは。お

子供が出来ないから離婚!不当な夫と幸せになれない理由

子供が出来ないという事実が分かってもどこか他人事なのが男 こんに

→もっと見る

PAGE TOP ↑